06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: --

矢島カップ終わりました。 



矢島カップも終わり、大会の疲れもとれてきた今日この頃・・・
大会は藤田氏(元オリンピック代表)の優勝で幕を閉じました。

やぁ?2日間の大会は楽しかったですね。
私は今回TTを初めて走りましたが、ツールのようなスタート台は気持ち良かったです。
2日間でTT&ヒルクライムを行う大会って無いですよね。

県外からの参加者のブログなどを見ても、
矢島カップは運営・サービス・ボランティアの仕事っぷり、高評価ですね。
今回、初めて1千人を超えたらしいですが、
これが首都圏の大会なら3,4千人は集まってもおかしくないと思います。
ただ、いかんせん交通の便が悪い。。。

首都圏からだと新幹線や飛行機で秋田市まできても、乗り換えか、そこから車で1時間半。
車で来ても8,9時間の運転の往復はキツイでしょうね。
まぁそれでも高評価を得てるんだから素晴らしい内容であることは間違いないですが・・・

意見として、関東から何回か連続で参加してるけど、
「移動が大変だから今回で最後、近場なら毎年参加したい」という人もいました。
また「評判がいい大会だから参加したいけど、移動を考えると止めた」という方の
ブログも見ます。非常に残念ですよね。

でも、こんな素晴らしい大会をもっと全国の人にも知ってほしいと私は思うのですよ。
もっと楽に首都圏の人達が参加できるように、旅行会社と連携してバスや電車、
宿泊のツアーなどあればいいと思うのですがね。
当然、バスや電車には自転車を輪行できるようにして。
関係者の方、どんなもんでしょう?!(見てないか・・・)

人数が増えると今の会場の規模やゴール後の待機場所など問題はあるのかな?
コースの道幅や運営も大変かと思うけど、今後もさらに盛り上がって欲しいのですよ。

と、私は思うのは私だけではないはず。


あとボランティアの高校生(?)中学生(?)達は素晴らしかったですね。
仕事っぷりもそうでしたが、レースが終わって下山時も帰らず並んで「お疲れ様」の挨拶。
街の人たちも手を振っての応援。
矢島の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。


スポンサーサイト

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

検索BOX・タグ一覧

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

チャリンジャーにメール

リンク

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。