FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

日本最速 



日曜日ですが、大潟村で全日本TT選手権が行われて観戦に行ってみました。
毎年、ひっそりとソーラースポーツラインでやってるんですよ(笑)
TTの日本チャンピオンを決める名誉ある大会なんですがね。

「全日本選手権個人タイムトライアル」とはどんなレースなの?
年に1度各国で行われるナショナル選手権の個人タイムトライアル競技(*)。日本では日本自転車競技連盟 (JCF) が主催する。ロードレースのタイムトライアル競技において、日本一を決める名誉あるレースである。勝利した選手には日本チャンピオンジャージが与えられ、1年間すべてのロードレースのタイムトライアル競技で、日の丸をあしらった特別なジャージを着用して出場することができる。
日本国籍の選手が出場でき、男子ではエリート(23歳以上の選手対象)、U23(23歳未満の選手対象)、ジュニア(17,18歳の選手対象)、U17(17歳未満の選手対象)と4つのカテゴリーに分けられる。エリートの出場人数は35名。毎年秋田県大潟村にあるソーラースポーツラインで行われ、直線15キロをひたすら走りUターンする全30キロのコースとなっている。


優勝はクムサン・ジンセン・アジアの福島選手
コースレコードで日本チャンピオンになりました。38分07秒(30km)
途中、バーストでホイールを交換しての優勝だそうです。

秋田出身のシマノレーシング村上選手も5位入賞でした。
記事はこちらシクロワイアード 全選手レースの模様








画質が悪いですが、雰囲気だけでも・・・

ちなみにココ、ソーラーコースはイベントで使用してない時は
一般に開放されてるそうです(使用料200円)
チャンピオンに挑戦してみては?!ソーラースポーツライン

7/4に「サイクルパーティーin大潟」が開催されます。


スポンサーサイト



タグ: 全日本TT  ソーラーコース 

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

検索BOX・タグ一覧

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

チャリンジャーにメール

リンク

RSSリンクの表示